ディーラーが扱うハーレー純正パーツは費用が高い

ハーレー純正

ディーラーは、正規の小売店として製品を販売している店舗であるためそのサービスは確かに良い傾向があります。
ただ、サービスの質が良いかわりに費用が高い傾向にありますので注意をしなくてはいけません。ディーラーの費用が高くなるのは、ハーレー正規店として必要な仲介役を担っているからに他なりません。

自動車でもそうですが、基本的に街角に存在するこういった店舗は正規の注文を発注するための橋渡しのような存在として仕事をしています。そのため、通常の製品に上乗せしてこういった仲介役への中間マージンが必須になるため、自然とお金が高くなります。これは、バイクであっても変わりません。

特に、世界的にはメジャーなハーレーも日本国内では土地の広さなども相まって多くの人が利用しているというわけではないので、純正パーツを入手するためにはこういった費用がかかる店舗を利用しなくてはいけない傾向があります。

ただ、ハーレーのパーツは必ずこういったディーラーを利用しないと入手できないわけではありません。ハーレーは、比較的自由度の高いカスタマイズをすることができるため、多種多様な製品を準備しているという特徴が存在します。
中には、中古ショップで他の人が利用していたパーツなども販売されていますので、正規店の製品が高いと感じるようならばこういった安い店舗でも問題ありません。

基本的には、交通ルールを守ってパーツを付ければ問題ないためどの店舗で購入するかは自由です。