ハーレーをLEDカスタムするメリットと注意点

ハーレーをカスタムする目的には走行性能の向上と車体の美しさを引き立たせるものに二分されますが、ライト関係のパーツをLEDカスタムする行為は両方の目的で行われます。

ライト関係のパーツは車体前部に大きく陣取るヘッドライトの他、ウィンカーやテールランプも含まれます。

LEDにカスタム

購入時のノーマル状態ではハロゲンランプが使われていますが、経年劣化で明度が下がり、遂には切れてしまうのが欠点です。
また、点灯により発熱し、汚れが焼き付くこともあります。

愛車を長く乗り続けているとライトの劣化を実感することになるので、安全に運転するためには速やかにLEDカスタムを行うことが大切です。ウィンカーやテールランプも同様であり、整備不良を避ける意味でもLEDカスタムは必須と言えます。

LEDライトの最大のメリットは寿命が長いことです。ハーレーに標準装備されているハロゲンランプのヘッドライトは約千時間が寿命とされていますが、LEDライトなら約一万時間まで使用することが可能です。年数に直すと約十五年は明るさを保つことができる計算になります。また、LEDライトはスイッチを入れたらすぐに最大明度まで明るくなるのもメリットのひとつです。暗所での使用においてすぐに明度が最大になるのは事故を防ぐのに高い効果があります。

LEDライトは光が拡散しにくく、遠くからでも確認が容易なことから夜間でも安全にハーレーを走らせることができるのです。電力消費量も少ないのでバッテリーへの負担が少ないのも魅力的ですが、他の照明パーツと比べると高額なので初期投資が嵩む点は注意する必要があります。