安全性とデザイン性を上げるブレーキペダル・フットペグ・スタンド

足元

最先端技術を使い、大迫力のマシン性能を実現しているハーレー。ライダーのニーズに自然と答えてくれる基本性能を有しており、大型バイクの中でも高い人気を誇っています。
しかし、アメリカで作られているという事もあり、日本人の体格には少し馴染まない部分もあります。そこで、自身の体格に合ったカスタマイズや、デザインをアレンジして、オリジナルハーレを作り出すライダーも多いでしょう。

アメリカ人と日本人との体格の大きな違いに、足の長さがあると言えます。ブレーキペダルやフットペグ、スタンドなどの足元のパーツをカスタマイズすることで、走行時の安全性を高めたり、好みのデザインに変えたりすることができます。

ブレーキペダルを踏み込むときに、かかとを浮かしてブレーキを踏む状態になる方もいて、足が安定せずに急ブレーキになる場合があります。
ブレーキアームを短いものに変えることで、安定してブレーキ操作が出来るようになり、安全性が高くなります。またブレーキアームとブレーキペダルは種類が豊富にあるので、組み合わせ次第でデザイン性も大きく変わってきます。

安全性を高める

フットペグの位置が悪く、走行時にリラックスした姿勢を取れいないという場合、体に余計な負荷がかかってしまいます。ステップの位置を変えたり、ヒールレスト付ペグやボード型ペグに変えたりすることで、気持ちのいい走行姿勢を維持することができます。

ハーレーを立てて置いておくときに使うサイドスタンドですが、大型バイクの重量を支えながらサイドスタンドをセットするには力が必要になってきます。サイドスタンドエクステンションを装着することで、セットをスムーズに行えるようになり、力の弱い方でも楽に使えるようになります。

走行中には見えないパーツをカスタムすることにより、デザインセンスを上げるになるでしょう。